起業するには 〜C Channel社長: 森川亮氏〜

c-channel

カシミアさん

こんにちわ。

起業家の歩みを通じて、構築したビジネスモデルや起業のきっかけなどのエピソードをまとめているサイトです。

 

今回、ご紹介する本は

「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

 

 

この本は、ビジネスや自分の事業を立ち上げるに際し、

先人たちがどのように起業したのか。

 

今最も勢いのある日本の起業家と、テレビ「朝生」でお馴染みの、

田原総一郎さんがインタビュー形式でまとめられた本になります。

 

起業家の力強い言葉とともに、ご紹介していきたいと思いますので、

興味を持っていただいた方は、ぜひご覧ください。

 

C Channel社長: 森川亮氏 略歴

 

1967年。神奈川県生まれ。

 

1089年筑波大学卒業後、日本テレビに入社。

コンピューターシステム部門で

本格的にコンピューターを学ぶ。

 

1999年、青山学院大学大学院で、MBA取得。

 

2000年日本テレビを退社し、ソニーへ入社。

 

2003年ブロードバンドのキラーコンテンツは

オンラインゲームと確信し、

ハンゲームジャパン(現LINE)に入社。

 

2007年社長に就任。

 

2011年東日本大震災後の6月に大ヒットアプリ「LINE」をスタート。

 

2015年LINE社長を退任し、スマートフォン向け

縦型動画サービスを提供する C Channelを設立。

 

その後、主著「シンプルに考える」

「ダントツにすごい人になる」

「すべての仕事は10分で終わる」などを出版。

絶頂期にLINEを辞めた理由は?

 

2011年東日本大震災後の6月にスタートさせた「LINE」は、

国民的大ヒットアプリまでに成長。

今でもメッセンジャーアプリとして確立し、

日本でのシェアは取っていましたが、

収益に目を向けると欧米に注力する必要がある。

 

だが、この大所帯を率いて新たなビジネスを展開するのは

なかなか難しい。

そこで、LINEの代表取締役の退任を決意し、

新たな挑戦をすることにしたそうです。

 

C Channelとは?

 

スマートフォン向け縦型動画サービスを提供するC Channelを設立。

一言で言うと、女性向けの動画ファッションマガジンです。

ファッション、グルメ、コスメ、トラベルなど

女性誌で取り扱う情報を動画コンテンツとして

配信していくというもの。

 

若い女性に特化した理由として、

新しいものに対する反応のよさ、と森川さんはいいます。

「これ、いいね」という素直に反応し取り入れられる

感度を重要視し、若い女性をターゲットとした

動画メディアを立ち上げました。

 

2015年で動画コンテンツの可能性を見出す

 

モデルさんやタレントさんがスマートフォンで

撮影し更新していくスタイルで、

当時ブログが主流でしたが、

それを動画で届けるというものです。

 

今はYouTubeやインスタでコスメや

ファッションを紹介する人は

多いですが、いち早く動画コンテンツの可能性に期待し、

それを形にするスピード感も、

見習うべきところですよね。

 

C Channelのビジネスモデル

 

ホリエモンこと堀江貴文さんが提供している会員制グルメアプリ、

テリヤキは有料ですが、C Channnelはオープンで無料。

YouTubeやメディアコンテンツの王道は動画や媒体に広告を

つけるスタイルですが、

C Channelは違う角度で収益化を図っています。

 

いわゆるコマーシャル的な立ち位置ではなく、

企業自身が情報配信し、C Channelがサポートするビジネスモデルだそう。

企業がコンテンツをつくって、それをモデルさんやタレントさんが

取材に行ったり、C Channel運営陣が動画制作を行うなどの

アプローチで収益化しようと考えています。

 

YouTubeとの差別化戦略

 

動画コンテンツの筆頭はYouTubeですが、

先ほど記したビジネスモデルの違いだけでなく、

セグメントやブランディングにも重きをおいています。

YouTubeはいろんな人が動画を自由にあげられる、

見られるという、動画の大衆化を実現していますが、

C Channelのターゲットは若い女性向けと明確。

そのため、企業側もよりセグメントされたターゲットに

対して訴求できるため、C Channelでコンテンツを

持つことは、他にない付加価値となると考えるでしょう。

 

グローバルを見据えて

 

C Channelは現地から動画をあげてもらい、

世界各地からの

情報発信を狙っています。

日本のいいものを発信すれば、

インバウンド需要が期待できますし、

海外の良さは現地に居住する人が紹介する方が

より信頼性のある情報を提供できるのは、

と森川さんはいいます。

 

ここから、本には記載されていない内容ですが、

C Channelは国内F1層を中心に月間3000万回以上、

84万時間の再生がされています。

「C CHANNEL」を中心にしたメディア事業では、

ネイティブ動画広告、純広告/アドネットワーク、

イベント開催(1社単独2日間で500万円から)、

サンプル販売、動画制作など幅広いビジネスモデルに

現在育て上げていています。

2019年3月期では、セグメント別に見た

事業の主力はeコマース事業で、

売上高は52億5700万円。

 

次いでメディア事業が13億9400万円、

海外事業が8000万円という構成で、

年々成長してきている事業として今後も注目ですね!

 

まとめ

 

国内シェアのみならず、アジア圏まで

利用されるようになったLINE。

そこに満足せず、新たなチャレンジと行動力を

実績という形で今現在も育てている森川さん。

「ゼロからビジョンをつくる」

アプローチ手法についても

別途綴られていますので、

このレビューを見て読みたいな、と思った方は

本書「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

を手に取ってみてください。

 

 

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。

今後も皆さんにとって、有益な情報を

定期的に提供していきたいと思いますので、

引き続きご覧ください。

 

↓ SNSのアカウントはこちら!お気軽にご覧ください。

 

▼ Instagramフォロー

@yut33028

コメントを残す