CodeCamp(コードキャンプ)とは?評判や口コミ、料金、おすすめの方、無料体験など徹底調査!

カシミアさん

こんにちわ。

副業やスキルアップを目指すために、オンライン学習スクールを利用する人が増えています。特に「CodeCamp (コードキャンプ)」で学んでいる人は結構多いため、CodeCamp (コードキャンプ)に関する口コミや評判、料金、メリットやデメリット、おすすめの方や無料体験などを取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

CodeCamp (コードキャンプ)とは?評判や口コミ、料金、無料体験など徹底調査!

副業を始めた方やスキルアップを目指す方におすすめの「CodeCamp (コードキャンプ)」!たくさんあるオンライン学習スクールの中で「CodeCamp (コードキャンプ)」が支持される理由、メリット・デメリットってあるの?など興味がある方ならいろいろと知りたい情報があると思います。

  • 「CodeCamp (コードキャンプ)って何がいいの?」
  • 「CodeCamp (コードキャンプ)ってどれくらいお金がかかるの?」
  • 「オンラインスクールで本当に続けられるかわからない」
  • 「オンラインスクールで学ぶ時間をきちんと確保できるのかな」

など、オンラインスクールを検討する上で不安を感じる方も多いと思います。

なるべくスムーズにオンラインスクールを利用してスキルアップを図れるように、下調べはもちろん、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

ここでは「CodeCamp (コードキャンプ)」を利用することのメリット・デメリットや講座のお得な選び方などを中心に紹介し、最後まで読めば、「CodeCamp (コードキャンプ)」で学習することを前向きに検討できる記事となっていますので、参考にしてみてください。

CodeCamp (コードキャンプ)の概要

CodeCamp(コードキャンプ)は株式会社コードキャンプが運営するオンラインでは「日本初」のマンツーマンによるプログラミングスクールです。朝7時から23時まで受講が可能で自分の好きな時間にあわせてプログラミングやアプリ開発、WEBデザインが学べるオンラインスクールです。受講者数は3万人を突破し、導入企業300社以上、レッスン満足度は96.6%と0からWebサイトやアプリを作れる実践力が磨かれるカリキュラムと、現役エンジニアのレッスンを受けられ、実践的なスキルを習得することができるという仕組みになります。

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴は、コース量より質を重要視しており、レッスン受け放題の「プレミアムプラス」、必要なところだけ学べる「プレミアムコース」、初心者からつくれるWebサイトやアプリ開発のコースと、受講者のケースに合わせたカリキュラムが用意されています。

CodeCamp(コードキャンプ)はオンライン教材でカリキュラムを学習し、マンツーマンレッスンで質問することができます。また、単元ごとの課題提出と、オリジナルWEBサイトなどの成果物を制作するところまでがパッケージング化されており、他のオンラインスクールよりも料金が低く設定されているのもCodeCamp(コードキャンプ)の強みの1つとなります。

CodeCamp (コードキャンプ)のいい評判・口コミ

・厳選された講師からレッスンを受けられる

模擬授業も選考基準になり、エンジニアとしての実力にプラスして「教える力」も保証されている。そしてその採用率は17%と厳しい選考から勝ち抜いて講師として着任されているエンジニアから教えてもらうことができます。

・他のオンラインスクールよりも圧倒的に安い

類似したオンラインスクールでTechAcademy(テックアカデミー)があります。CodeCamp(コードキャンプ)の場合は2ヶ月で178,000円。また、レッスン時間もTechAcademy(テックアカデミー)は2ヶ月で199,000円とCodeCamp(コードキャンプ)の方が安く、TechAcademy(テックアカデミー)30分15レッスン、CodeCamp(コードキャンプ)は40分20レッスンと長めの設定で非常にコスパがいいのが特徴です。他のオンラインスクールで「侍エンジニア塾」の6ヶ月プランは698,000円、CodeCamp(コードキャンプ)は6ヶ月プランで298,000円とかなりお得なオンラインスクールとなっています。

マスターコース料金
  • 2ヶ月 178,000円(レッスン20回)
  • 4ヶ月 278,000円(レッスン40回)
  • 6ヶ月 328,000円(レッスン60回)

・朝7時〜23時までと学べる時間が長い

朝7時〜23時までと自分の好きな時間で学べるところがうれしいところ。しかも、現役のエンジニアのマンツーマンレッスンが受けられます。

・ラーニングデザイナーが設計したオンライン教材がわかりやすい

ラーニングデザイナーが設計したオンライン教材で、効率よく学ぶことができます。課題提出をすれば次の単元を学べるため、自分のペースで学習することができます。

・自分だけのオリジナルサイト・アプリ開発ができる

受講する講座によって変わりますが、最終的に自分の開発したものが形にできるところがCodeCamp(コードキャンプ)のいいところ。通常は単元ごとに課題を提出するなどスキルとして習得すれば終わりというオンラインスクールも少なくありませんが、CodeCamp(コードキャンプ)は決められた期間で作品として開発できるのは、実績として副業や転職で訴求できることや、何より自信につながるので、形にできるカリキュラムは満足度も高いものになると思います。

CodeCamp (コードキャンプ)の悪い評判・口コミ

・専属講師はつかずに、進捗管理はなし

CodeCamp(コードキャンプ)の講師を顔写真付きにプロフィールをみて選べるのはメリットではありますが、レッスンごとに指名していく制度なので、都度指名していく面倒さはあります。また、進捗管理はないため、受講者は自ら学習計画をたてて、学ばないといけないため、自主性が重んじられます。

・オンラインチャットは別途オプション費用がかかる

競合のTechAcademy(テックアカデミー)はオンラインチャットまでパッケージング化されており、質問したいタイミングでチャットできるのに対し、CodeCamp(コードキャンプ)はチャットレッスンと呼ばれるオンラインチャットが別途月額15,000円かかります。チャットレッスンでは講師に質問したり提出した課題の添削を行ってくれるサービスです。サポートを求める方はオプションをつける必要があります。

CodeCamp (コードキャンプ)の無料体験申込方法

・CodeCampの無料体験レッスン

CodeCampは、オンライン上でマンツーマンによるプログラミング指導を受けることができます。いわばオンライン家庭教師で、メンターは現場を知り尽くしたエンジニアorデザイナーです。

オンラインでやりとりできるの?と思われるかもしれませんが、Googleハングアウトを使用しながら会話もできるし、お互いの画面キャプチャを共有することもできるので、意外と便利です。

CodeCampの無料体験をみてみる

CodeCamp (コードキャンプ)に向いている人

CodeCamp (コードキャンプ)は自主的に学ぶ意欲がある人、自分の開発したサービスを形に残したい人に向いています。とはいえ、オンラインで学ぶのも限界があるのでは?という意見も確かにあると思います。オプションになりますがオンラインチャットで質問できたり、自由な時間で学べるオンラインスクールなので、現役エンジニアの教え方の上手なレッスンを受けながらスキルを習得する点がCodeCamp(コードキャンプ)の素晴らしいところだと思います。

自習が得意な人で、CodeCamp (コードキャンプ)で得た知識を形にすれば、きっと自信がつきますし、開発したものがあるというのは何よりの強みなので、上記にあてはまる人はおすすめのオンラインスクールだと思います。

他のオンラインスクールについては、別記事でまとめたブログ記事も掲載していますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

目的別おすすめのオンラインスクールは?無料体験あり?【プログラミング・動画編集・WEBデザイナー向け】

まとめ

CodeCamp (コードキャンプ)の一番のいいところは、自分が学びたいものを、自分の好きな時間にオンラインレッスンでスキルを習得でき、不明点はメンターにも質問できるおすすめのプラットフォームです!いい評判・口コミ、悪い評判・口コミは使う人が多いからこそ多数の意見が出ると思います。オンラインスクールも普及してきたことで、より学びやすい環境が整備されてきています。

特に今は在宅で副業できる環境が整いつつあるので、スキルアップを図りながら、自分の興味のあること、好きなことを楽しく学び、根気よく諦めずに続けられるように、取り組んでもらいたいと思います。

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す