CodeTeacher (コードティーチャー)とは?評判や口コミ、料金、無料体験など徹底調査!

カシミアさん

こんにちわ。

副業やスキルアップを目指すために、オンライン学習スクールを利用する人が増えています。低価格で学べると人気の「CodeTeacher (コードティーチャー)」。CodeTeacher (コードティーチャー)に関する口コミや評判、料金、メリットやデメリット、おすすめの方や無料体験などを取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

CodeTeacher (コードティーチャー)とは?評判や口コミ、料金、無料体験など徹底調査!

副業を始めた方やスキルアップを目指す方におすすめの「CodeTeacher (コードティーチャー)」!たくさんあるオンライン学習スクールの中で「CodeTeacher (コードティーチャー)」が支持される理由、メリット・デメリットってあるの?など興味がある方ならいろいろと知りたい情報があると思います。

  • 「CodeTeacher (コードティーチャー)って何がいいの?」
  • 「CodeTeacher (コードティーチャー)ってどれくらいお金がかかるの?」
  • 「オンラインスクールで本当に続けられるかわからない」
  • 「オンラインスクールで学ぶ時間をきちんと確保できるのかな」

など、オンラインスクールを検討する上で不安を感じる方も多いと思います。

なるべくスムーズにオンラインスクールを利用してスキルアップを図れるように、下調べはもちろん、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

ここでは「CodeTeacher (コードティーチャー)」を利用することのメリット・デメリットや講座のお得な選び方などを中心に紹介し、最後まで読めば、「CodeTeacher (コードティーチャー)」で学習することを前向きに検討できる記事となっていますので、参考にしてみてください。

CodeTeacher (コードティーチャー)の概要

Code Teacher(コードティーチャー)は、本気でエンジニアを目指す人のための実践型プログラミングスクールで、完全オンライン形式であるため、全国どこでも受講が可能です。

Code Teacher(コードティーチャー)の最大の特徴は、月額3万円で現役エンジニアからプログラミングのスキルが学べる点で、コストパフォーマンスに優れたオンラインスクールとなっています。Code Teacher(コードティーチャー)で学べるスキルは主にWEBサイト開発で必要なHTML、CSS、Javaなどを学ぶことができます

未経験で一から学びたい場合には「入門クラス」に入り、プログラミングの基礎やHTML、CSSなどWEBサイト開発に必要な知識を学ぶことができます。想定としては最初の2ヶ月に「入門クラス」で学ぶことをCode Teacher(コードティーチャー)ではおすすめしています。3ヶ月〜半年では「WEBサービスクラス」が設けられており、実務レベルのWEBサイト開発や知識を学ぶことができます。最後の「卒業開発・発表会」では7・8ヶ月目で最後の仕上げを学ぶことができます。ここでは自ら立ち上げたWEBサイトの成果物を開発することができるため、エンジニアとして実績を作ることができます。

Code Teacher(コードティーチャー)でオンライン講義を学ぶ際には、ZOOMで学び、講師に質問したい時はslackでやりとりができます

CodeTeacher (コードティーチャー)のいい評判・口コミ

・コストパフォーマンスに優れている

なんといっても月3万円でプログラミングを学べるという点が、一番のメリット。また、価格が安い=クオリティが低いということではなく、現役エンジニアとして着任されている講師が、独自のカリキュラムを構築した、実務レベルのプログラミングを学ぶことができます。学習の流れは、講義を受け、課題を提出、質疑応答とオンラインで完結できる仕組みとなっています。

・完全オンラインでプログラミングを学べる

オンラインで学べるため、通学時間など時間を効率的に活用し学ぶことができます。なお、オンラインで使用するツールも、ビデオチャットではZOOMで、講師とのやりとりはslackを使いますので、地方の方でも場所を選ばず、低価格で学ぶことができます。また、ビジネスツールをフル活用しながらプログラミングをオンラインで学習することができる点もうれしいところです。

・講師は現役のエンジニア

他のプログラミングスクールでも採用されていますが、Code Teacher(コードティーチャー)は価格が安価であり、かつ現役のエンジニアを採用し低価格でプログラミングをしっかりと学べます。現役のエンジニアが実際の現場の課題に沿った実践的なカリキュラムを作成してくれるため、学んだあとに転職やフリーランスでスキルを活用した際にも、きっと役に立つ知識を学べることだと思います。また、現場のリアルな意見を質問できるところもありがたいところですね。

・フリーランス・副業として活動できる

Code Teacher(コードティーチャー)で学べるプログラミングはWEBサイト開発で必要なHTMLCSSJavaなどフロントエンド(ホームページの表示・ユーザーから見える側の部分)中心のプログラミングスクールであるため、クラウドソーシングで需要が高いWEBサイト開発やWEB知識を求める人にアプローチすることができます。ホームページの画像、動画の表示、レイアウト、メニューバー、ボタンなどの作成もできるため、WEBデザインも一部学ぶことができると思います。本業とは別にエンジニアとしても稼ぐことが可能で、自身の活動の幅を広げることもできます。

CodeTeacher (コードティーチャー)の悪い評判・口コミ

・WEBサイト開発以外のプログラミング言語は対象外

Code Teacher(コードティーチャー)で教えているプログラミング言語は、HTML、CSS、Javaが中心であるため、スマートフォンのアプリケーションで必要なSwiftなどの開発をしたい人には向かないオンラインスクールといえます。

・早期学習に限度がある

Code Teacher(コードティーチャー)は無理なくしっかりと学べることを目的としているため、どんどん自分のペースで学べる人にとっては、進み具合が遅い印象を持たれる場合も。

CodeTeacher (コードティーチャー)の料金

Code Teacher(コードティーチャー)は段階的に順序よくカリキュラムが構築されているため、クラスの流れは下記の通りとなります。

・入門クラス 月3万円/税別(最初の2ヶ月)

未経験でも一からプログラミングの基礎を学習できる入門のクラスです。後続のクラスでの開発の基礎となるHTML/CSS/Javascriptを短期間でBootcampしましょう。

・WEBサービスクラス 月3万円/税別(3, 4, 5, 6ヶ月目)

本格的なWEBサービス開発に向けた実践的クラスです。ハイレベルな開発実務でも利用されるNode.jsとReactのモダンな開発フレームワークをマスターしてライバルに差をつけましょう。

・卒業開発・発表会 月2.5万円/税別(7, 8ヶ月目)

学習を終えたら、最後の期間は、自らのサービスを開発してみましょう。クラスで培った確かなスキルを活かしてあなただけのサービスと共に新しい世界へ。

CodeTeacher (コードティーチャー)の無料説明会受講方法

・CodeTeacher(コードティーチャー)の無料説明会

Code Teacher(コードティーチャー)は、月額3万円で受講できる業界最安値のオンラインプログラミングスクールですが、入会の前にオンライン説明会が必須となっています。理由としては、講座の品質を担保するためであり、オンラインでの雰囲気をつかむために、Code Teacher(コードティーチャー)が求めていることです。Code Teacher(コードティーチャー)の説明を聞いて理解した人に入ってほしいという意図もあるようです。

無料説明会の日時ですが、選択式となりますので都合のいい日時を調整し、オンラインスクールに興味のある方は特に、積極的に受けるようにしましょう。

無料説明会のお申し込みへ

まとめ

CodeTeacher(コードティーチャー)の一番のいいところは、月3万円でWEBサイト開発の知識だけでなく、成果物までオンライン形式で仕上げることができるコストパフォーマンスを重視したい人にとってはおすすめのプラットフォームです!オンラインスクールも普及してきたことで、より学びやすい環境が整備されてきています。

特に今は在宅で副業できる環境が整いつつあるので、スキルアップを図りながら、自分の興味のあること、好きなことを楽しく学び、根気よく諦めずに続けられるように、取り組んでもらいたいと思います。

他のオンラインスクールについては、別記事でまとめたブログ記事も掲載していますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

目的別おすすめのオンラインスクールは?無料体験あり?【プログラミング・動画編集・WEBデザイナー向け】

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す