クラウドワークスの評判や口コミは?手数料や稼ぐコツを徹底調査!

カシミアさん

こんにちわ。

副業を始めたい!本業とは別に収入・所得を得られるようになりたい!方向けに、国内最大手のクラウドワークスに関する口コミや評判、受注するのにかかる手数料や稼ぐコツを取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドワークスの評判や口コミは?手数料や稼ぐコツを徹底調査!

クラウドソーシングに代表されるように、クラウドワークスという企業名は聞いたことがある人も多いと思います。しかし、いざ副業を始めようと思っても、

  • 「副業って何から始めればいいのか」
  • 「副業に必要な準備ってあるのかな」
  • 「副業をやっても本当に稼げるかわからない」
  • 「副業をやる時間をきちんと確保できるのかな」

など、本業との時間配分やバランスを考える方も多いと思います。

なるべくスムーズにクラウドソーシングなどを利用して副業を始められるように、下調べはもちろん、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

ここでは「クラウドワークス」を利用することのメリット・デメリットや稼ぐコツなどを中心に紹介し、最後まで読めば、クラウドワークスの登録を前向きに検討できる記事となっていますので、参考にしてみてください。

クラウドワークスの概要

クラウドワークスは2011年に設立された登録ユーザー数300万人以上、取引数300万件の国内最大手クラウドソーシングサービスを提供しています。クラウドワークスはフリーランス、個人事業主、サラリーマン、主婦、学生などの若者などいつでもどこでも、時間や場所に縛られることなく、仕事を受けられ報酬を得られることのできるマッチングサービスです。

取り扱っている仕事の業種は、実に200以上あり、未経験者・初心者・主婦などの作業系案件(データ入力、アンケート、ライティング、ミステリーショッパーなど)から、WEB制作、スマートフォンのアプリ開発、WEBデザイン、動画編集など専門知識を有する専門系案件まで幅広く取り扱っています。

また、案件を受ける上で、仕事の内容にあわせた3つの依頼形式があります。

・タスク形式

クライアントから受けたの案件に対して成果物を納品し、報酬を受け取る形式のことをいいます。

・コンペ形式

ロゴやラフ案など成果物を提出し、クライアントが採用した成果物に限り報酬を受け取る形式のことをいいます。

・プロジェクト形式

クライアントと金額や業務内容について交渉契約をした後、納品すると報酬を受け取る形式のことをいいます。プロジェクト形式に限り、固定報酬制(契約時に金額を決める制度)と時間単価制(稼働時間に対して報酬を決定する制度)があります。

クラウドワークスの手数料

発注者とのマッチングサービスを行うクラウドワークスは受注者も手数料がかかります。

案件を受ける上で、仕事の内容によって報酬額も変わります。案件を受ける際には、ご自身がどの形式で依頼を受けているか把握しておきましょう。

・タスク形式

報酬額の20%

・コンペ・プロジェクト形式

20万円超の部分     :報酬額の5%

10万円超20万円以下の部分:報酬額の10%

10万円以下の部分    :報酬額の20%

クラウドワークスのいい評判・口コミ

・未経験者・初心者でも受けられる案件が豊富

国内最大手のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスは副業を始める際には、登録をおすすめするサービスと言われるほど、未経験者・初心者でもこなせる案件が豊富なところが最大のメリットです。案件が豊富な上類似案件も多いため、様々な案件に応募することが可能です。依頼案件が豊富という点において、クラウドワークスは、クライアントから信頼されている証拠でもあります。ご自身の希望に合った案件を探し、積極的にクライアントとコンタクトを取りながら、応募していきましょう。

・実績を積み上げることでクライアントからスカウトの依頼がある

スカウトとは、クライアントとなる発注者が案件をお願いしたいと思った受注者に仕事の依頼連絡をすることができます。クラウドワークスでは、実績があれば好条件や単価の高い報酬の案件にスカウト経由で依頼を受けることができます。スカウトの依頼を受けるには、クライアントの意図を汲み取り一つ一つ実績を積み重ねる事です。クライアントがどのような意図で仕事を依頼しているのかを理解し、案件を受けることが大切です。

・仮払いシステム採用で未払いの心配がない

クラウドソーシングはお互いの顔が見えないところから、コンタクトを開始することになります。テレワーク・在宅ワークが普及してきた今、WEBミーティングで打ち合わせすることも可能ですが、応募動機や実績をみて、発注者は依頼をかけることになります。

支払いに関しては、案件を納品したにも関わらずクライアントが報酬を未払いのまま、音信不通にならないように、報酬の未払いを防ぐシステムとしてクラウドワークスは仮払い制を採用することで、依頼者がクラウドワークスに報酬をあらかじめ入金しているため、安心して案件に取り組むことができます。

クラウドワークスの悪い評判・口コミ

・競合が多い

クラウドワークスは副業を始めたいと思っている人から、実績が多い人まで幅広い方が登録しているため、案件に応募してくる人も多いです。他の受注者との差別化を図るのが困難な作業系の仕事をメインでこなす人は特にその傾向が強いといえそうです。

・単価が安い

クラウドワークスに限らず、未経験・初心者向けの案件は、専門的なスキルを必要とする案件に比べて、低単価である傾向がみられます。例えば、アンケート回答や記事の執筆などのライティング、データ収集など簡単な作業関連の案件は特に単価が低い傾向があります。

単価が低い案件をコツコツと続けていても仕事に慣れてこなすまでは割に合わないと不満を感じるかもしれません。

長い目でみれば単価が低い案件でも類似案件をこなしていくうちに、スピードも上がり効率がよくなりますので、単価UPの交渉がしやすくなったり、より好条件の案件受注につながる可能性も広がります。

・手数料が高い

ランサーズと並んで国内大手のクラウドワークスは、タスク案件(1件ごとに作業が完了する案件)は特に手数料が他のクラウドソーシングサービスに比べて高い傾向がありますので、どの形式で依頼を受けているのかしっかりと把握し、案件に取り組む必要があります。

クラウドワークスで稼ぐコツ

・楽天銀行で、振込手数料を節約

クラウドワークスでは案件を完了させると、銀行振り込みで報酬を得ることができます。報酬の振り込み申請は、指定の銀行を選ぶことになります。クラウドワークスの場合、楽天銀行だと税込で100円、他銀行で税込500円がかかります。1回の振り込みにつき400円もの差が発生してしまいますので、振込口座は「楽天銀行」を指定しておくと、手数料を節約することができます。

・低単価案件は避ける

副業やクラウドソーシングをはじめたばかりは、試しに案件を受注する分には構いませんがある程度実績を積んだあとは、なるべく低単価の案件は避けるべきです。上記でもある通り、振込手数料が差し引かれる他、低単価案件ばかりに着手すると取られる時間の割に稼げない状況に陥ります。

副業を継続していくと、定期的な依頼を受けることもでてきますが、定期的な案件を複数もらえるようになれば、平均よりも高単価の案件を残しつつ、低単価の案件を定期的受注を、次の高単価案件に応募しながらスイッチさせるなどして、作業効率を高めるよう心がけましょう。

クラウドワークスに向いている人

クラウドワークスは未経験・初心者にも安心で副業を始める人や、実績のない人でも取り組めるマッチングプラットフォームとして人気のクラウドソーシングです。また、アプリも準備されているので、隙間時間や通勤時間などで、応募案件をチェックしたり、スカウトメールを受け取ることもできます。副業を考えているサラリーマンや、主婦、学生など幅広い層におすすめです。しかしながら、実績を積んで更に単価の高い案件や稼ぎたい人は、別のプラットフォームの登録も併用することをおすすめします

\ 日本最大のクラウドソーシングプラットフォーム /

クラウドワークスの会員登録をする

クラウドワークスやランサーズは総合的なクラウドソーシングとして認知されていますが、他の企業が提供しているクラウドソーシングにはライティングや、WEBデザイン、プログラミングの特化型クラウドソーシングサービスもありますので、登録しておいて損はないと思います。

詳細については、ランキング形式で別記事で掲載していますので、副業を本格的にやりたいという方はぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングおすすめランキング|評判や口コミから比較

まとめ

副業を始めるにあたって、クラウドソーシングやスキルシェアサービスのプラットフォームに登録する際におすすめのプラットフォームがクラウドワークス!いい評判・口コミ、悪い評判・口コミは使う人が多いからこそ多数の意見が出ると思います。僕もクラウドワークスに登録し、お仕事をもらいながら実績を積むことができましたが、単に稼ぐということだけでなく、本業では学べない案件の収益の仕組みや、せどりの仕方、ライティングのコツなどあらゆることを学ばせてもらえるプラットフォームだったと思っています。

特に今は在宅で副業できる環境が整いつつあるので、始める人のハードルが低くなりましたが、ハードルが低くなったということは、裏を返せば誰でも始められ、それだけ競合も多いということなので、そのことを念頭に置いた上で、根気よく諦めずに続けられるように、取り組んでもらいたいと思います。

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す