起業するには 〜FiNC社長:溝口勇児氏〜

スポーツクラブ

カシミアさん

こんにちわ。

起業家の歩みを通じて、構築したビジネスモデルや起業のきっかけなどのエピソードをまとめているサイトです。

 

今回、ご紹介する本は

「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

 

 

この本は、ビジネスや自分の事業を立ち上げるに際し、

先人たちがどのように起業したのか。

 

今最も勢いのある日本の起業家と、テレビ「朝生」でお馴染みの、

田原総一郎さんがインタビュー形式でまとめられた本になります。

 

起業家の力強い言葉とともに、ご紹介していきたいと思いますので、

興味を持っていただいた方は、ぜひご覧ください。

 

FiNC社長 溝口勇児氏 略歴

 

1984年、東京都生まれ。3歳で両親が離婚。妹と3人で暮らす。

高校時代は学費を稼ぐためにアルバイトを掛け持ち。

 

トレーナーをしていたスポーツクラブに高校卒業後就職。

2007年スポーツクラブの支配人に抜擢されるも経営悪化で店舗の閉鎖を経験。

 

その後、スポーツクラブ向けコンサルティングなどを手掛け、

2012年にFiNCを設立。

 

2013年東京・永田町に完全個室のプライベートジムを開設。

翌年には銀座にもオープン。

 

2014年オンラインダイエットサービス「FiNCダイエット家庭教師」を開始。

 

2015年ANA、クレディセゾン、第一生命、三菱地所などから資金調達を発表した。

 

高校時代に出会ったヘルスケア

 

溝口さんは幼少期両親が離婚し女で一つで育てられます。

本来中学卒業して働くつもりだった

溝口さんですが、お母さんのすすめで高校に。

学費は自分で稼がなければいけなかったため、

引っ越しや土木、マクドナルドなど色々なバイトを

掛け持ちしたそうです。

そしてスポーツクラブでバイトすることに。

トレーナーは倍率は非常に高かったものの、

昼夜問わず一生懸命働いて、トレーナー業務を必死に覚えたといいます。

スポーツクラブ支配人、そして閉鎖へ

23歳のときに、スポーツクラブの支配人に抜擢されます。

しかし、任されたスポーツクラブ。

支配人に着任したときには、

5億の投資で開業した スポーツクラブは、

当初の集客目標の3分の1 しか集まらず、

それでいて設備はこだわりを 見せていたため、

ランニングコストがかさみ、 結果、毎月大赤字に。

そのような状況下で、退職金を配って回ったり、

閉店のお知らせを店頭で案内したりと 閉店前の業務に追われます。  

閉店業務の経験後は、既存事業の立て直しを行い、

V字回復と立て直しに成功し、業界のロールモデルに。

その結果、他のスポーツクラブから業務改善などの

コンサルティング依頼がくるなど、 徐々に明るい兆しが見えてきたようです。  

ヘルスケア事業で起業

東日本大震災経験後、ヘルスケア事業を 立ち上げます。

開業資金は自己資金400万円と 借入などで3,000万円でスタート。

遺伝子や血液、尿などの検査分析サービスから スタート。

現在は手軽に自宅で口腔粘膜や唾液を 研究機関に郵送でき、

その人にあった 健康情報を届けることも可能。

一人ひとりにあったヘルスケアサービス の提供で、

累計で2〜3万人の方が 分析サービスを利用しています。

そしてこのサービスは現在提供している

「FiNCダイエット家庭教師」のプログラムにも

組み込まれています。  

ライザップとの違いは?

スポーツクラブのトレーナー経験から、

トレーナー一人が一人ひとりをきちんと

見れる限度は50人程。

そこで、個人向けに「FiNCダイエット家庭教師」

の専用アプリを使って、ユーザーのニーズ(痩せたい、

健康になりたい)などとトレーナーや

栄養士などの専門家をマッチングさせ、

家庭教師の ように指導を受けられるというものです。

スポーツジムでも減量指導も行ってくれるようです。

ライザップとの一番の違いは、非対面型。

通常はアプリを通じて継続的な指導を求めている方が対象で、

短期的な減量(炭水化物を抜くなど)ではなく、

五大栄養素をバランスよく取りながら、

正しい知識を 身に付けながら、

顧客に健康になってもらうサービスに なるので、

そのあたりがライザップとの差別化かもしれません。

なお、FiNCでは管理栄養士、トレーナー、

インストラクター、看護師、薬剤師といった外部の

専門家が家庭教師になれる仕組み「FiNCオンラインワークス」

というプラットフォームもあり、

ヘルスケアの仕事に特化したマッチングサービスも提供してます。

利用者からすると、これだけ専門家とのネットワークが

あるサービスだと、安心して受けたいと思うかもしれませんね。

 

まとめ

溝口さんはご自身のアルバイトの経験から

始まり、現在ではウェルネスカンパニーとして

アプリ「FiNC」のDL数は800万を超え、

現在多くの投資家から上場の準備を見据える企業

として注目を集めています。  

 

このレビューを見て読みたいな、と思った方は

本書「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

を手に取ってみてください。

 

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。

今後も皆さんにとって、有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、

引き続きご覧ください。

 

↓ SNSのアカウントはこちら!お気軽にご覧ください。 

 

▼ Instagramフォロー @yut33028

コメントを残す