副業として翻訳で在宅ワークしよう

カシミアさん

こんにちわ。

副業を考えている人、副業は興味あるけどなかなか時間が取れない、検討しているがまだ副業をやっていない人向けに副業の素晴らしさを紹介するブログとして発信しています。 

副業として翻訳で在宅ワークしよう

在宅ワークで人気の翻訳というお仕事。副業として翻訳のスキルがあれば、パソコン1台で「クラウドソーシング(クラウドワークス、ランサーズなど)」を使ってお仕事を受注し、クライアントの台本を英語や中国語、韓国語などの指定の言語に翻訳。

クライアント指定のファイル形式(メモ『.txt』、Word『.doc、.docx』など)で納品するお仕事です。

翻訳はAIなどによって、真っ先に仕事がなくなる業種として取り上げられることが多いですが、様々な記事を取りまとめたりするWEBライター同様、クラウドワークスの案件でも200件近くが随時募集されているため、まだまだ需要がある業種です。

翻訳の仕事とは?

翻訳は日本語か外国語、または外国語から日本語に変換して文章を作るお仕事になります。

クラウドワークスで現在募集されている具体的な案件は下記の通りです。

翻訳の仕事内容とは?
  • タイ語→日本語 タイのFacebookページなどの日本語翻訳
  • YouTube動画の日本語かた中国語への翻訳依頼
  • 海外取引先へのメール送信、やりとり、英語翻訳、通訳サポート
  • 香港向けSNS&WEBマーケティング

などなど、企業ホームページの翻訳というビジネス向けから、海外ブログやSNS発信などのエンタメ系まで翻訳の依頼は様々です。

最近では、YouTubeの動画コメントの翻訳や、ECサイトの商品に関する翻訳など仕事の幅が広がることによって、グローバル視点でビジネスを展開している企業や中小企業にとっては、翻訳は切ってもきれない業務と言えます。

また、翻訳と一言でいっても「日本語から英語」に、というイメージを持たれる方も多いと思いますが、実際は中国語(繁体字、簡体字によっても翻訳内容変わる)、韓国語、イタリア語、フランス語、タイ語など求められる言語は様々です。

翻訳の仕事はどうやって受けるの?

在宅ワークで翻訳の仕事を受ける場合は、クラウドソーシングで受注するのがベストだと言えます。クラウドソーシングは競争も激しいですが、クライアントによっては、継続的に依頼をしてくれる方が現れると、在宅ワーク・副業の営業面で楽になり、安定した副業収入を得られることができます。

おすすめのクラウドソーシング

上記のサービスに登録するだけで、副業として在宅ワークで稼げる幅がぐっと広がります。

副業として翻訳を在宅ワークするメリット

・パソコン1台でどこでも働くことが可能

パソコンとインターネットがある環境であれば、仕事を受けることができるのが最大のメリット。クライアントの希望する納期までに作業を完了させられれば問題ないため、自分の確保できる自由な時間で作業をし、納品をすればお金を稼ぐことができます。

・多言語が対応できれば、1つの案件でも複数の業務を一気に受注できる

日本語から英語だけ翻訳すればいいか、というと企業はそういうわけではありません。グローバル社会である現代は、英語の他、中国語や韓国語など、様々な言語へ翻訳することが求められるため、複数の言語を扱える人の場合、十分すぎるアピールにつながりますし、1つの案件でも2言語の翻訳で、受注量は一気に倍の受注を獲得できます。

・多分野が対応できれば、重宝される

特に継続で依頼をされることを想定した話になりますが、幅広く事業を展開している会社からすると、スキルの高い方、コミュニケーションがスムーズな方にお願いしたいため、幅広い知識や、知識はなくとも検索スキルが長けている人であれば、同じクライアントからでも様々な案件を受注することにつながります。

・言語スキルアップにつなげられる

知らない単語や言い回しがわかるようになるなど、仕事を通じてスキルアップにつながり、さらに仕事を得られるチャンスにもつながります。

副業として翻訳を在宅ワークするデメリット

・必ずしも得意分野の受注ができるわけではない。(検索スキルがないとつらいかも)

翻訳だけでなく、クラウドソーシングで受注する案件全般で言えることですが、得意分野のみに偏ってしまうと、受注案件の間口が狭まるので、翻訳スキルは高いが、仕事をなかなか獲得できなくなります。

しかし、自分の自由な時間を割いて、興味のある仕事ばかりできるわけではないかもしれないので、そこはデメリットになるかもしれません。

・競争が激しい

特に英語圏の仕事は案件も多いですが、募集する人も多いため、ライバルが多い中で仕事を獲得していく必要があります。

・ひたすら翻訳していく作業となるため、継続が難しい人もいる

翻訳自体が好きな人であれば問題ないと思いますが、どうしても翻訳一辺倒の仕事が多くなるので、仕方なく翻訳を副業としてやっている人は、なかなか稼げない、興味のない分野での翻訳が面白くないという理由で、継続できない人も少なくないように思われます。

副業として翻訳を在宅ワークする際のよくある質問

・翻訳の在宅ワーク未経験でも応募できる?

皆最初は未経験からスタートします。

未経験です!というのを前面的に出すと、なかなか案件が回ってこないと思いますが、自身の経歴や活動を通じて翻訳が長けている点をアピールすることで、案件をいただけるチャンスが広がります。

翻訳を依頼される際は、始めはテストライティングがくる場合がほとんどですので、未経験でもどんどんチャレンジしてきましょう。

・翻訳スキルはどの程度必要?

クライアントの要望することによって、当然スキルは変わりますが、高スキルを求める案件は高単価で設定されている場合が多いので、日常会話レベルで、という方はまず低~中単価の案件から募集するといいと思います。

まとめ

自分のスキルを活かしてお金を稼げるというのは、単に収入が増えるだけでなく、新たなクライアントとつながることができることで、定期的に発注してくれる喜びと、自分の未知の能力を開拓できるという点において、副業として翻訳を在宅ワークすることは魅力的であるように思います。

当然ライバルが多いことも確かなので、なかなか受注できない、ということで在宅ワークする前に断念する人も多いです。数多く立候補・応募し、翻訳の副業をやってみることで発見できることもたくさんあると思います。

まずは、楽しみながら副業としての第一歩として、クラウドソーシングに登録しておきましょう。

おすすめのクラウドソーシング
そして、副業と在宅で仕事しようか検討している人などクラウドワークスでの稼ぐ流れを、下記の記事にまとめていますので、参考にしてもらえると幸いです。

最後まで、愛読いただき本当に ありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す