【2020年度版】確定申告とは?提出期間・対象期間、やり方は?スマホ対応など解説

カシミアさん

こんにちわ。

副業を始めて本業とは別に収入・所得を得られるようになると、知っておかなければいけない「税」のお話。はじめて確定申告をする人や、確定申告やお金に関する業務を簡略化したいと考えている人向け確定申告の関する基本的な知識を紹介する記事となっていますので、ぜひ参考にしてください。

確定申告とは?

確定申告とは、個人事業主や副収入がある人に必要な手続きで、税務署に対して個人の所得に応じて、所得税の支払う意志並びに手続きを行うことを「確定申告」といいます。

・確定申告の対象期間

確定申告で手続きをする対象期間は1月1日〜12月31日の所得で、所得を治める税額を算出します。

・確定申告の手続き期間

原則、翌年の2月16日〜3月15日の1ヶ月の期間内に税務署に報告・納税しなければなりません。

確定申告が必要な人

上記の確定申告の基本的な知識、対象期限や提出期限を把握した上で、確定申告が必要な人はどんな人なのでしょうか。確定申告が必要な人は、下記の条件に該当する人となりますので、一通り確認しておきましょう。

・事業所得のある人

事業所得が38万円以上の自営業やフリーランスなどの個人事業主は、確定申告が必要となります。

・2カ所以上の会社から給与を受け取っている人

会社員は勤め先の会社が年末調整を行うため不要ですが、複数の会社から給与を受け取っている人で、年末調整を行わない側の給与が年間20万円を超える場合は確定申告が必要となります。

・会社員でも特定の条件にあてはまる人

給与が2,000万円を超える人や副業で年20万円の所得を超える人は確定申告が必要となります。

・不動産収入、株取引や配当所得のある人

家や土地の賃貸収入、株やFXなどの譲渡金が38万円以上ある人は原則、確定申告が必要となります。ただし、源泉徴収を自動的に行う特定口座を利用している人やNISAなどの非課税投資は不要です。

・一時所得のある人

懸賞金や法人からもらった金品、競馬の払戻金などの一時所得のある人で、収入を得るために支出した金額と最高50万円の特別控除よりも大きく所得が発生する場合は確定申告が必要となります。

・退職所得のある人

退職所得についても、確定申告を行い精算する必要があります。ただし、退職所得の受給に関する申告書を提出している人は、源泉徴収ですでに課税されているため、退職所得に関する確定申告は不要です。また、年度内の途中で退職し、給与以外で20万円を超える所得のある場合は、確定申告が必要となります。

確定申告が不要な人

確定申告が不要なケースもあります。会社員で勤めている方は会社が年末調整をやってくれるので、基本不要となりますが、他にも以下の条件の方は不要となりますので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

・主な所得が公的年金の人

通常公的年金を受け取っている人は確定申告は不要です。ただし、公的年金等の収入が400万円よりも多く、それ以外の所得金額が20万円以上ある人は確定申告が必要となります。

・事業で赤字が出ている人

個人事業主やフリーランスは、所得が38万円以下であれば確定申告は不要です。

確定申告をした方がいい人

確定申告は必ずしも個人事業主やフリーランス、副業や副収入を得ている人だけが対象とは限りません。そして、確定申告をすると税金を納めなけばならないという側面だけでなく、控除を受けられるケースもありますので、確定申告の知識として把握しておきましょう。

・事業所得がある人

個人事業主やフリーランスの場合、「所得証明書」を発行するには確定申告が必要です。住宅ローンや幼稚園の申請などで所得証明書を求められるケースが出てくると思いますので、必要な方は確定申告で証明書を発行しましょう。

・事業で赤字が出ている人

個人事業主やフリーランスは、所得が38万円以下であれば確定申告は不要です。ただし、赤字が出ている場合は、払い過ぎた税金の還付金を受け取れるので、確定申告をすることをおすすめします。

※青色申告事業者は、確定申告を行うと事業の赤字を翌年以降3年間繰り越しが可能。また、損失額を前年に繰り戻して還付金を受け取ることが可能。

・その年の途中で退職した人

これまで会社に勤めていた人は会社が年末調整を行ってくれていたため、確定申告は不要ですが、年の途中で退職した場合、最後の年の年末調整は会社では行ってくれません。そのため、払い過ぎた税金の還付金を受け取るには確定申告をおすすめします。

・医療費が10万円を超えた人

確定申告の対象年である1月1日〜12月31日までに支出した医療費が10万円を超えた場合は、確定申告を行うことで医療費控除が受けられます。また個人ではなく家族単位での計算となりますので、該当する人は確定申告をおすすめします。

・ふるさと納税をした人

確定申告をした場合、ふるさと納税で寄付した金額から2,000円を引いた金額が所得から控除できます。

・住宅ローンを組んだ人

返済期間10年以上の住宅ローンを組んでいて、居住した年から10年間は「住宅借入金特別控除」を受けられます。住宅ローン残高の1%が所得から控除されますので、確定申告はおすすめです。

確定申告をしなかった場合

確定申告を行わなかった場合は以下のペナルティが発生します。

・確定申告をしなかった場合のペナルティ

  • 納める税金に最高税率20%の無申告加算税が発生します。
  • 納める税金に最高税率14.6%の延滞税が発生します。
  • 青色申告特別控除の枠が、最大65万円から最大10万円に減額されます。
  • 2年連続で提出が遅れると、青色申告の承認が取り消しになります。

確定申告を行わなかったことで、本来払わなくてもいい加算税が発生してしまうため、確定申告書を作成したり役所に出向いたりと手間はかかりますが、該当する方は必ず確定申告をしましょう。別記事では、青色申告と白色申告の違いや、節税効果が大きい青色申告特別控除などの解説ブログを掲載していますので、合わせて参考にしてください。

青色申告特別控除とは?白色申告との違い、メリット・デメリットを徹底調査!

確定申告のやり方

確定申告書の書類作成方法は大きく分けて3つあります。

1)手書きの場合

確定申告書を手書きで作成したい場合は、管轄の税務署で確定申告書をもらうか、国税庁のホームページ「確定申告書・青色申告決算書・収支内訳書等」からダウンロードします。

2)確定申告書作成書のコーナー

国税庁が提供する確定申告書の作成コーナー「確定申告書作成書のコーナー」があります。画面の指示に従って項目を埋めていきましょう。ただし、生命保険や住宅ローン、配偶者控除などの制度は、自分で調べ手計算から算出した金額を記入していく必要があります。

3)確定申告ソフト

確定申告に対応したクラウドの会計ソフトを利用する場合は、画面のステップに沿って入力すると、ソフトが自動計算をしてくれます。確定申告書類を作成してくれる便利なツールがありますので、確定申告時期に追われることがありません。

確定申告ソフトを使ったほうがいい人とは?
  • 確定申告自体始めての方
  • あまり税や確定申告に関する知識がない方
  • なかなか確定申告を準備する時間がとれない方
  • 確定申告や計算、公的書類の提出が面倒な方

確定申告ソフトおすすめ3選

1)freee

会計ソフト「freee」のクラウド会計シェアは44%とスモールビジネス・事業主の約半分弱が「freee」を利用しています。その「freee」は、確定申告書をカンタンに作成できるプランがあり、お手頃に会計処理を済ませることができると好評です!

なお、トライアルとして30日間無料体験できるプランがあります。この無料体験では請求書作成などのバックオフィス効率化が体験できます。また、チャットでのサポートも受けられますので使い勝手を知るにはいいきっかけになると思います。

※無料体験で確定申告はできないのでご注意ください。

確定申告書を作成できるプランは980円/月で、簡単に手続きできます。

freeeの確定申告作成プラン
  • 確定申告に対応
  • 自動化による効率化
  • 請求書が作成可能
  • チャット/メールでのサポート可

freeeを無料で試してみる


2)マネーフォワード

クラウド会計ソフトシェア第2位の「マネーフォワード」。

個人事業主やフリーランスだけでなく、副業の方向けのプランも用意しているところがありがたいですよね。ともに確定申告書を作成できるプランが用意されているので、副業を始めたばかりの人はおすすめの会計ソフトになります。

無料体験も用意されているので、使い勝手を知るには今がチャンスだと思います!副業向けプランは800円/月(年間プラン)で、こちらも簡単に手続きが可能です。

※月額プランは980円/月となりますので契約時はご注意ください。

マネーフォワードの副業向けプラン
  • 確定申告に対応
  • 銀行・クレジット明細の自動取り込み可能
  • キャッシュレポートのみ利用可能
  • 見積・納品・徴収書・請求書作成
  • 請求書の郵送(1通あたり190円)
  • 取引先の登録上限15件
  • その他、経費・給与・社会保険・勤怠・マイナンバー管理<

個人事業主・フリーランス向けプランは980円/月(年間プラン)で、こちらは副業向けよりも対応している項目が多いのが特徴です。

※月額プランは1,280円/月となりますので契約時はご注意ください。★は個人事業主向けプランのみ

マネーフォワードの個人事業主向けプラン
  • 確定申告に対応
  • 銀行・クレジット明細の自動取り込み可能
  • 消費税集計機能★
  • レポート機能の利用★
  • 口座残高照会及び帳簿残高との突合★
  • 見積・納品・徴収書・請求書作成
  • 毎月自動作成★
  • 回収消込表★
  • 請求書の郵送(1通あたり★170円)
  • 郵送、メール送信などの一括操作★
  • 取引先の登録★上限なし件
  • その他、経費・給与・社会保険・勤怠・マイナンバー管理

マネーフォワードを無料で試してみる



3)弥生会計

2人に1人は利用していると言われる弥生会計。売上実績No.1と実績のある会計ソフトです。弥生会計では「青色申告オンライン」と「白色申告オンライン」の2プランが用意されています

他の2社と違う点は、無料で確定申告書を作成できるプランが用意されている点(セルフプラン)。そして、セルフプランは次年度以降666円/月(年8,000円)で利用できます。料金は初年度無料!!

弥生会計のセルフプラン
  • 取引入力などの基本機能
  • 確定申告書類の作成・出力
  • 銀行口座・クレジットカードと連携
  • 領収書やレシートの自動仕訳
  • 取引・残高/損益/貸借レポート
  • WebFAQ(よくある質問FAQ)

弥生会計を無料で試してみる

まとめ

確定申告は、手書きや自分で作成するとなると手動で計算したりしなければいけないため、普段の業務以外で手間がかかるものです。

クラウドの会計ソフトといっても毎月お手頃な価格で、簡単に書類まで作成が可能であるため、確定申告前にバタバタしなくてもゆとりある申告の準備に備え、無料体験プランも用意されているので、興味のある方はぜひお試しください

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。

今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す