動画編集でおすすめのノートパソコンは?MacとWindowsはどちらがいい?

カシミアさん

こんにちわ。

副業を考えている人で、動画編集に興味があるけどどのパソコンがいいのか、また動画編集用パソコンの購入を検討している人向け動画編集で必要なスペックなどを紹介する記事となっていますので、ぜひ参考にしてください。

動画編集で必須のノートパソコン

「子どものなりたい職業」の上位に挙がるほど今や人気のYouTuber。Youtubeなどの動画編集で必須アイテムと言えば、動画を編集するためのパソコンが必要となります。もちろんYoutubeだけに限らず、ノートパソコンなら手軽に持ち運べてどこでも作業が出来て便利!

  • 動画編集にはどのくらいのスペックが必要なのか知りたい方
  • Youtubeや動画を編集するためのノートPCを探している方
  • AdobeやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトをサクサク使いたい方

動画編集全般で活躍するおすすめのノートパソコンを本記事では紹介していきます!

動画編集でおすすめのノートパソコンのスペック・性能について

動画編集は現在スマートフォンでもできるようになりましたが、クラウドソーシングの仕事で請け負うのであれば、スマートフォンは動画用ファイル生成に時間にかかってしまう点で作業効率を大きく損ないます。また、クライアントとのデータの送受信や動画処理、素材の作成、動画用ファイル生成を行う際に、十分な空き容量の確保はもちろん、操作感においては現状やはりパソコンの方が向いていると言えます。

動画編集に必要なパソコンのスペックについてですが、下記の通りです。

必要条件
CPU Core i5以上(本格的な編集はCore i7以上を推奨)
メモリ 最低8GB(16GBあるとなおいい)
ストレージ 256GB以上のSSD

なお、スペックの重要度ですが『CPU>メモリ>ストレージ』の順に優先して購入を検討されることをおすすめします。高性能であれば処理もスムーズで編集作業中も重くなったり固まったりすることなく、快適に作業できます。

・高性能なCPUは必須!

CPUはパソコンの頭脳にあたる部分で、性能の高さが作業効率を引き上げると言っても過言ではないほど大事な部分となります。

仮にCPUの性能が低いと、動画編集上でパソコンが固まってしまったり、重たいデータを開く度に時間が掛かってしまったりと作業効率を非常に損なうものとなってしまいます。また、編集で完成させた動画ファイルを出力する際、CPUの性能が低いと推奨するスペックに比べて出力時間が大幅にかかってしまいます。本業や自分のプライベートの時間を調整し、限られた時間の中で副業をやってもパソコンのスペックが低いというだけで、時間ばかりがかかってしまい、多くの本数の作業ができずに結果想定よりも稼せげない事態となります。

・メモリはソフトを動かす上で重要な数値!

一般的によく使われる動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」を起動した場合、起動時のメモリ使用量は約5GBとなります。

また、4K動画の書き出しを行う場合は、10GB以上のメモリを使用するため、通常画質の動画編集であれば「16GB」、高画質の動画編集であれば「32GB」以上あると安心です。

・十分な空き容量のPCで作業効率を高める

更には、元素材となる動画をパソコンのハードディスク上に移動する際や、編集した動画ファイルを保存する空き容量も必要になります。作業依頼が増えれば、本体のハードディスクでは容量が足りなくなってしまうので、外付けハードディスクの準備をしておくことをおすすめします。

動画編集でおすすめのノートパソコンはMac?Windows?

動画編集用でおすすめのノートパソコンですが、OSがMac、もしくはWindowsについては「動画編集用ソフト」で何を使うかによって決まります。

ここでは動画編集でよく使われているソフトを簡単に紹介しますので、こちらも合わせてご参照ください。

・Adobe Premiere Pro

最もよく使われているAdobeの動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」であれば、Mac、Windows問わず利用が可能です。そして、クラウドワークスなどで案件を応募する際、応募条件に「Adobe Premiere Pro」を使っている人と、条件が度々みられるほどメジャーなソフトです。

「Adobe Premiere Pro」は「Adobe Creative Cloud」というパッケージで契約することが多く、年間契約で通常65,760円/年(税別)ですが、「Adobe Premiere Pro」を含む「Adobe Creative Cloud」を学びながら、36,346円/年(税別)とお得なプランで契約する方法があります。


Adobe マスター講座の詳細をみる

動画編集でおすすめのノートパソコンは?MacとWindowsはどちらがいい?


・Final Cut Pro

HIKAKINさんなどYouTuberの間でよく使われている「Final Cut Pro XApp Storeでダウンロードすることになり、Mac対応となります。

Final Cut Pro Xの機能をみる

おすすめのノートパソコン3選

・Macなら最強のPC、MacBookPro

最新モデルのMacBookProはAppleが自社で開発したCPU、M1チップ搭載のMakBookProで、1日8時間と驚くべき長時間バッテリーが持つところ、パソコンを使い倒しても熱くならないところ、IntelのCPUに比べても処理能力が向上しているところなど年々進化し続けることで、Appleユーザーから厚い信頼を得ているMakBookPro!動画編集でMacを使いたい方はこちらがおすすめです。

動画編集おすすめのMacBookProをみる


・Windowsでクールなデザインで大人気のSurface

業務や仕事上、Windowsのパソコンを使い慣れている人も多く、動画編集やお仕事など様々なシチュエーションに合わせてパソコンを使いたい方は、Windowsパソコンで一番人気のSurfaceがおすすめ!ラップトップであり 2 in 1 。Surfaceの魅力を全て詰め込み、パフォーマンスを極限まで高めたシリーズで、Surfaceの中での最上位モデルSurface Book 3。購入したその日からビジネスシーンで活躍する便利なモデル。Core i7プロセッサと16GBのメモリを搭載しているため、マルチタスク環境でも軽快に操作することができます。

動画編集おすすめのSurface Book3をみる


・安くて超高性能ならマウスコンピューター

とにかくコスパが最強で、Surface Book 3の約半分の価格で、同等のスペックPCが手に入るとあって、マウスコンピューターは人気と値頃感あるパソコンの満足度は非常に高いです。


動画編集おすすめのマウスコンピューターをみる

 

まとめ

最終的には自分の好みや費用に合わせて購入するべきですので、参考にしていただけるとうれしいです。

動画編集は動画コンテンツの需要の伸びに乗じて人気の副業になりつつありますが、稼ぐためには数多くの作品に触れたり制作することが求められます。数多く制作するとなると時間配分も計算しなければいけませんので、快適なパソコン環境を整えて動画編集をすることをおすすめします。

最近はパソコンの高性能化とともに動画編集ソフトも以前よりサクサク動くようになり、効率よく制作することが可能になりました。

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。

今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す