起業するには 〜スマートニュース創業:鈴木健氏〜

スマートニュース

カシミアさん

こんにちわ。

起業家の歩みを通じて、構築したビジネスモデルや起業のきっかけなどのエピソードをまとめているサイトです。

 

今回、ご紹介する本は

「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

 

 

この本は、ビジネスや自分の事業を立ち上げるに際し、

先人たちがどのように起業したのか。

 

今最も勢いのある日本の起業家と、テレビ「朝生」でお馴染みの、

田原総一郎さんがインタビュー形式でまとめられた本になります。

 

起業家の力強い言葉とともに、ご紹介していきたいと思いますので、

興味を持っていただいた方は、ぜひご覧ください。

スマートニュース会長:鈴木健氏 略歴

 

1975年。長野県生まれ。

98年慶應義塾大学理工学部物理学科卒業後、

東京大学大学院へ進学。

 

2002年に経済産業省所管、

情報処理推進機構の

未踏ソフトウェア創造事業における

天才プログラマー・スーパークリエーターに認定される。

 

2012年ニュースまとめアプリSmartNewsの前身である

「Crowsnest(クロウズネスト)」を、

米国のイベントSXSW(サウスバイサウスウエスト)に出展。

日本でスマートニュースのアプリを提供開始。

 

2013年、主著「なめらかな社会とその敵」を出版。

学術書としては異例のベストセラーに。

 

2014年北米でスマートニュースのサービスを開始。

 

2016年、ダウンロード数が日米1,500万を突破した。

ヤフーとの差別化戦略

 

1つは使いやすさに特化した点。

スマートニュースの前は日経新聞、ニフティ、ヤフーなど色々サービスはあった

ものの、どれも使いにくかったとのことです。

また、ブラウザでヤフーニュースを見る人はいたけれど、アプリを使う人はあまり

いなかったという点。

アップルストアで、ニュースアプリの上位で見ると、全体のランキングで

250位くらい。ユーザーも10-20万くらいとユーザーも少なかった。

一方、スマートニュースはノンプロモーションでランキングは4位!

タイムラインがただ並ぶ構成ではなく、新聞のように

注目度や話題性に応じて写真の大小がついているところが

ユーザーにとって親しみを感じてくれたところかもしれません。

 

スマートニュースに活路を見出した理由

 

現在、スマートフォンに切り替わってから、

電車の中を観察すると、

みんなゲームをやっている状態だった。

昔の通勤風景は新聞を読んでいる人も多くいたこと。

そして、当時地下鉄など電波の悪いエリアもあったため、

一度読み込んでおけば、オフラインでも見られるようにした点。

その小さな視点やニーズを反映させるべく、

リリースに至ったとのことです。

 

スマートニュースのビジネスモデル

 

スマートニュースはアプリダウンロードが基本無料。

ユーザーは無料で使え、広告が主な収入源のようです。

ただ、他のメディアからニュースを引っ張ってくるわけなので、

当然メディア側にもお金を還元する必要がある。

そこで、メディアの運営方法に合わせて、

専用チャンネルを作ってもらったり

その面の広告収益の○%を還元したりするなど、

調整することでマネタイズしているようです。

 

独自コンテンツに頼らない理由

 

新聞の発行部数が年々減少し、

若年層の新聞購読率が著しく低下している現在。

なぜ、スマートニュースはニュースサービスをやっているのか。

そこにも田原さんは切り込んでいます。

鈴木さんは「自分のコンテンツを作ると、

自分のコンテンツを応援したくなって、

そのサービスはニュートラルな運営ができなくなってしまう」

と考えているようです。

それよりも業界全体がプラスになる方向を模索しているようです。

 

 

アメリカ進出の意図

スマートニュースの鈴木さんのアメリカ進出に対する

意気込みを聞いて、

田原さんは京セラの稲盛和夫さんの

エピソードをお話しする場面があります。

京セラの稲盛さんは日本の企業に

セラミックを売ろうとした時に、

最初は全く相手にされなかったとのこと。

そこで、本場のアメリカに売りに行った。

すると、アメリカではテストだけはしてくれるということで、

アメリカならチャンスがあると確信し、

その後、半導体の大企業、

テキサス・インスツルメンツが買ってくれたことが、

京セラが世界的企業に躍進するきっかけとなった、

とのことです。

 

まとめ

 

日本のインターネット企業のアメリカ進出によって、

大成功をおさめた!

という事例はまだありませんが、

メルカリやスマートニュースなど

成功事例ができることによって

大きな流れが変わるかもしれません。

今後のスマートニュースにも期待ですね!

 

このレビューを見て読みたいな、と思った方は

本書「起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式」

を手に取ってみてください。

 

 

 

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。

今後も皆さんにとって、有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、

引き続きご覧ください。  

 

↓ SNSのアカウントはこちら!お気軽にご覧ください。

 

▼ Instagramフォロー

@yut33028

コメントを残す