TechAcademy(テックアカデミー)とは?評判や口コミ、料金、おすすめ講座など徹底調査!

カシミアさん

こんにちわ。

副業やスキルアップを目指すために、オンライン学習スクールを利用する人が増えています。特に「TechAcademy(テックアカデミー)」で学んでいる人は結構多いため、TechAcademy(テックアカデミー)に関する口コミや評判、料金、メリットやデメリット、おすすめ講座はどんな人なのかなどを取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

TechAcademy(テックアカデミー)とは?評判や口コミ、料金、おすすめ講座など徹底調査!

副業を始めた方やスキルアップを目指す方におすすめの「TechAcademy(テックアカデミー)」!たくさんあるオンライン学習スクールの中で「TechAcademy(テックアカデミー)」が支持される理由、メリット・デメリットってあるの?など興味がある方ならいろいろと知りたい情報があると思います。

  • 「TechAcademy(テックアカデミー)って何がいいの?」
  • 「TechAcademy(テックアカデミー)ってどれくらいお金がかかるの?」
  • 「オンラインスクールで本当に続けられるかわからない」
  • 「オンラインスクールで学ぶ時間をきちんと確保できるのかな」

など、オンラインスクールを検討する上で不安を感じる方も多いと思います。

なるべくスムーズにオンラインスクールを利用してスキルアップを図れるように、下調べはもちろん、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

ここでは「TechAcademy(テックアカデミー)」を利用することのメリット・デメリットや講座のお得な選び方などを中心に紹介し、最後まで読めば、「TechAcademy(テックアカデミー)」で学習することを前向きに検討できる記事となっていますので、参考にしてみてください。

TechAcademy(テックアカデミー)の概要

TechAcademy(テックアカデミー)は株式会社キラメックスが運営するオンラインスクールです。プログラミングやアプリ開発、WEBデザインが学べるオンライン完結型のスクールで、きめ細かなメンターと呼ばれる講師とのマンツーマンレッスンやサポートを受けられ、実践的なスキルを習得することができるという仕組みになります。

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴は、他のオンラインスクールに比べてプログラミングコースだけでも18ものコースと、豊富なカリキュラムが準備されている点にあります。

ビデオチャット感覚で気軽に学べる点もTechAcademy(テックアカデミー)が支持される点で、カリキュラムでプログラミングを理解し、カリキュラムで習得した知識を実際に開発することで使える知識に引きあげてくれます。わからない点があれば、メンターと呼ばれる講師に質問して解決できるため、より理解を深められるオンラインスクールとしてCMやWEB広告などでもよく目にする企業として注目されています。

TechAcademy(テックアカデミー)のいい評判・口コミ

・教材・カリキュラムがわかりやすい

カリキュラムはレッスン1から順に学んでいくものとなっており、プログラミングの書籍など難しい用語も解説してもらいながら、学んでいくスタイルとなっているので、初心者の方でも学びやすいように工夫されています。

・専属のメンターが徹底サポート

契約期間中、メンターと呼ばれる講師が自分専任で担当してくれるところが最大のメリットです。都度違う担当だと、コミュニケーションや打ち解けるのに時間がかかりますが、専任であれば気軽に質問できるようになったり、自分のつまづくところもメンターが理解してくれるので、サポート体制としてはかなり良心的な体制といっていいと思います。

・自分だけのオリジナルサイト・アプリ開発ができる

受講する講座によって変わりますが、最終的に自分の開発したものが形にできるところがTechAcademy(テックアカデミー)のいいところ。通常は学んでスキルとして習得すれば終わりというオンラインスクールも少なくありませんが、TechAcademy(テックアカデミー)は決められた期間で作品として開発できるのは、実績として副業や転職で訴求できることや、何より自信につながるので、形にできるカリキュラムは満足度も高いものになると思います。

・掲示板での質問の返答が早い

質問してもレスポンスに時間がある程度かかるのは、オンラインスクールでは十分考えられますが、TechAcademy(テックアカデミー)は質問の返答が早いので、学びながら質問や疑問を解消することができます。

・メンターが現役のエンジニア

メンターと呼ばれる講師はTechAcademy(テックアカデミー)から委託された外部の現役エンジニア。現場で実践的なスキルを日頃から触れているからこそ、感じる部分や講師のスキルも高いのは、安心材料になります。

・TechAcademy(テックアカデミー)Proで返金保証あり

TechAcademy(テックアカデミー)Proは転職向けのプログラミング講座となりますが、転職できな買った場合においては返金保証も準備されているので、エンジニアとして転職を考えている人にとってはうれしい保証サービスと言えます。返金だけでなく、パーソナルメンターがカウンセリング(1回30分)も行い転職をサポートしてくれる点、学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施を保証してくれる点もうれしいポイントです。ただし、保証については一定の条件を満たす必要がありますので、注意が必要です。

保証条件
  • 受講開始時点で20歳以上32歳以下の方
  • 新卒での就職ではなく転職を検討されている方
  • 東京での勤務が可能な方
  • IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
  • 受講期間中に転職活動をする意思のある方
  • 期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
  • マンツーマンメンタリングを全て欠席なく実施
  • 6週間までJavaコースの全課題が終了した方
  • 全ての課題に合格された方
  • 企業面接設定後に無断キャンセルがない方

クリスマスキャンペーンなどのお得な情報も盛り込まれています。なお、2020年12月時点での条件となりますので、保証条件やキャンペーンについては随時公式ホームページから確認してください。

TechAcademy(テックアカデミー)Proはこちら

TechAcademy(テックアカデミー)の悪い評判・口コミ

・メンターとの相性

TechAcademy(テックアカデミー)はメンターと呼ばれる講師とのマンツーマンレッスンやサポートなど、対人関係がからむため、相性や対応に不満がある場合も。メンターと相性が悪い場合は、担当替えも可能であるため、問合せから希望を出しましょう

・質問の内容が雑なことも

メンターから事細かく教えてもらいたいという人もいると思いますが、URLで返答がくることも。質問の回答が文面でない場合もあるので、その場合は、再度詳しく聞きたい旨を伝えましょう。

・難易度が高くついていけない場合も

初心者でも学びやすいカリキュラムやサポートは充実しているものの、基本受け身での学習方法となるため、学ぶ根気と諦めない姿勢が求められます

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめ講座

・TechAcademy【動画編集コース】

Adobe Creative Cloudの3ヶ月分無償提供を含めた動画編集コースの講座が受けられます。動画編集ソフトでは最もメジャーなAdobe Creative Cloudの使い方や課題を1つ1つクリアしていくコースになっており、不明な点はチャットなどでサポート対応もあり、手厚いサービスが満載です。

TechAcademyの動画編集ページをみてみる


・TechAcademy【iPhoneアプリコース】

人気のスマートフォンアプリでiPhoneアプリとして制作するiOS開発コースとなります。MacBookを使って、Xcodeを触りながらSwiftというプログラミング言語のコードを学べるオンライン講座です。実際にタスクアプリやInstagramのクローンアプリなど他ではなかなか学べない濃密な開発経験ができるコースとなっています。

iPhoneアプリコースへすすむ

プログラミングでおすすめのノートパソコンは?MacとWindowsはどちらがいい?【MacBookPro一択!】


・TechAcademy【Androidアプリコース】

Mac、Windowsいずれも開発が可能なAndroidアプリ。またアプリ申請を出すコストもiOSに比べてGoogleへ申請コストが安価ということもあって、様々なアプリをリリースできます。こちらのコースでもiOS開発同様、実際にタスクアプリやQ&Aアプリを制作しながら、コードを覚えていくことで、スキルを習得できるコースとなっています。

Androidアプリコースへすすむ


・TechAcademy【エンジニア転職コース】

実際にプログラミングを学んでも、提供できるサービスや開発した作品を形にしなくては本当に学んだとは言えません。そこで、ひとつの目標としてエンジニアとして学んだあとに、実際に転職までをサポートしてくれる、即戦力としてオンラインスクールで学んだことを活かせるコースとなっています。将来エンジニアとして職を全うしたい、転職してチャレンジしてみたいという方にぴったりのコースとなります。

未経験からエンジニア転職コースページへすすむ


・TechAcademy【Webアプリケーションコース】

スマートフォンのアプリ同様、欠かせないサービスがWEBアプリです。デバイスを選ばず使われるプラットフォームは、今後も必要となるスキルであり、実際にメッセージボードやTwitterクローンなどWEBに関する知識を学び、オリジナルサービスまで落とし込みが行えるコースとなっています。

Webアプリケーションコースページへすすむ


・TechAcademy【Webマーケティングコース】

プログラミングで形にできたり、WEBサービスを提供できたりしても、実際にそれがどれだけの人がそのサイトにアクセスし、いいね!などのアクションをし、商品などの購入に至ったかの検証を行わなければ、そのサイトを改善する必要があるのかすらわかりません。そうしたWEBサービスの分析のスペシャリストとして受講できるコースがWEBマーケティングコース。サイトの分析だけでなく、マーケティングの基礎知識も学べるので、様々なシーンで重宝されるスキルであることは間違いないです!

Webマーケティングコースページへすすむ


・TechAcademy【javaコース】

プログラミングやWEBデザインとしてホームページや見栄えがよくても、こちらから情報発信できたりニュースリリースなどの最新情報を更新できなければ、そのホームページは生きたWEBサイトでありません。javaコースではデータベースの取扱やリアルタイムで情報が反映されるコードや考え方を学べる場となります。

Javaコースページへすすむ


・TechAcademy【Unityコース】

人気のゲーム開発であるUnityのコース。ゲーム開発だけでなく、VR分野でもUnityのプラットフォームは使われ、エンジニアの人口がまだまだ足りないと言われている分野です。主にWindowsでの開発となります。高度なスキルでありながら、ゲーム好きな人は楽しいを感じながら学べる講座となっているので、この機会に受講することをおすすめします。

Unityコースページへすすむ


・TechAcademy【WEBデザインコース】

TechAcademyでのWEBデザインコースはスマホ対応のモバイルデザインやソースコードなどを学ぶことができます。どちらかというとWEB制作向きのコースとなっており、Adobeソフトのデザインを学びたい場合はUdemyやデジタルハリウッドがおすすめです。

Webデザインコースの詳細を見てみる


・TechAcademy【WordPressコース】

ブログで収益化を目指そうとすると、WordPressでブログを運営しながらSEO対策やHTML・CSSなどのWEB知識を得るのに最適のコースです。WordPressでブログ編集やアクセス解析などをする際に、プラグイン機能を利用するのですが、そういった高度な使い方もコースで学ぶことができます。

WordPressコースページへすすむ

TechAcademy(テックアカデミー)に向いている人

TechAcademy(テックアカデミー)は自主的に学ぶ意欲がある人、自分の開発したサービスを形に残したい人に向いています。とはいえ、オンラインで学ぶのも限界があるのでは?という意見も確かにあると思います。質問のレスポンスが早かったり、サポートが充実しているオンラインスクールなので、メンターのサポートを受けながらスキルを習得する点がTechAcademy(テックアカデミー)の素晴らしいところだと思います。

自習が得意な人で、TechAcademy(テックアカデミー)で得た知識を形にすれば、きっと自信がつきますし、開発したものがあるというのは何よりの強みなので、上記にあてはまる人はおすすめのオンラインスクールだと思います。

他のオンラインスクールについては、別記事でまとめたブログ記事も掲載していますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

目的別おすすめのオンラインスクールは?無料体験あり?【プログラミング・動画編集・WEBデザイナー向け】

まとめ

TechAcademy(テックアカデミー)の一番のいいところは、自分が学びたいもの、自分に足りない部分の講座をビデオチャットで習得でき、不明点はメンターに質問し解決できるおすすめのプラットフォームです!いい評判・口コミ、悪い評判・口コミは使う人が多いからこそ多数の意見が出ると思います。オンラインスクールも普及してきたことで、より学びやすい環境が整備されてきています。

特に今は在宅で副業できる環境が整いつつあるので、スキルアップを図りながら、自分の興味のあること、好きなことを楽しく学び、根気よく諦めずに続けられるように、取り組んでもらいたいと思います。

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す