社会人が起業を学べるWILLFU (ウィルフ)とは?評判や口コミ、料金、無料体験など徹底調査!

カシミアさん

こんにちわ。

社会人でも起業をする人が増えている中、今オンラインでも学習できると人気の「WILLFU(ウィルフ」。WILLFU(ウィルフ)に関する口コミや評判、料金、メリットやデメリット、おすすめの方や無料体験などを取りまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

WILLFU(ウィルフとは?評判や口コミ、無料体験など徹底調査!

社会人が起業を目指す方におすすめの「WILLFU(ウィルフ」!「WILLFU(ウィルフ」が支持される理由、メリット・デメリットってあるの?など興味がある方ならいろいろと知りたい情報があると思います。

  • 「WILLFU(ウィルフって何がいいの?」
  • 「WILLFU(ウィルフってどれくらいお金がかかるの?」
  • 「ビジネススクールで本当に続けられるかわからない」
  • 「ビジネススクールで学ぶ時間をきちんと確保できるのかな」

など、WILLFU(ウィルフ)のビジネススクールを検討する上で不安を感じる方も多いと思います。

なるべくスムーズにビジネススクールを利用してスキルアップを図れるように、下調べはもちろん、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。

ここでは「WILLFU(ウィルフ」を利用することのメリット・デメリットや講座のお得な選び方などを中心に紹介し、最後まで読めば、「WILLFU(ウィルフ」で学習することを前向きに検討できる記事となっていますので、参考にしてみてください。

WILLFU(ウィルフの概要

WILLFU(ウィルフ)は「社会人が起業を学ぶビジネススクール」として設立されたものです。6ヶ月かけて「経営スキル」を学びながら、起業知識やビジネススキルを得るためのスクールとなります。

WILLFU(ウィルフ)の協賛企業・スポンサー企業として日産自動車、サイバーエージェント、リクルートジョブズ、クックパッドなどが参加しており、社会人起業を支援するスクールとして信頼度のあるビジネススクールとなります。

起業体験としては6ヶ月で3つの起業を学びながら事業戦略を考え、実行まで移す講座があるため、より実践的に学ぶことができます。

1つのプロジェクトは「インターネット事業」。インターネットを使って、事業を立ち上げます。学んだ経営スキルを使って考え抜いたビジネスアイディアについて、インターネットを使って実際に立ち上げることができます。ただし、プログラミングスキルは一切不要で事業戦略などの組み立てを学ぶものになります。

次に、「対面販売形式の事業」。ビジネスの原則である人と人との信頼関係や、0から信頼関係を構築し商品を販売するところまで考えます。お客さまの顔がみえる分、喜んでもらえる商品を企画できる貴重な体験を得ることができます。

最後に、0から1を生み出す「期間限定事業(イベント事業)」。インターネット事業や対面販売事業は販売方法が決まっていますが、この事業は特設の決めごとはなく、0から自由に事業を考え、期間限定でイベント的に実行していくものとなります。

このように、起業体験は机上の学習ではなく、3度事業を立ち上げることで、リアルな経験からつらいことや喜びも体感することができます

対象は社会人で、過去の実績としても様々な社会人が利用しているビジネススクールとなっています。

WILLFU(ウィルフ)のいい評判・口コミ

・実際に起業した実績もある

起業や経営スキルを学んだ後に活用できるかが、こういったビジネススクールでは最も大事になってきますが、WILLFU(ウィルフ)の卒業生で実際に起業した会社として株式会社ベイケアや株式会社アンドゼンなどが挙げられ、今も運営している会社ということで、実績のあるビジネススクールとなっています。

・出資先の企業が多いため安心

協賛企業・スポンサー企業として日産自動車、サイバーエージェント、リクルートジョブズ、クックパッドなどが参加しており、社会人起業を支援するスクールとして信頼度のあるビジネススクールとなります。

・大手メディアにも取り上げられている

WILLFU(ウィルフ)はフジテレビや日本経済新聞などの大手メディアにも取り上げられているビジネススクールです。

・起業家とのネットワークが築ける

同年代や先輩起業家などたくさんの人脈を築けるのもWILLFU(ウィルフ)のメリット。優秀な同年代の知人との人脈を構築することで、一緒にビジネスすることや情報共有にも役立てます。

・経営スキルが身に付く

起業はしっかりと準備することで、成功確率のあがる分野です。しかし、社会人が経営スキルを身につける場はなかなかないため、社会人にとって貴重な場となることは間違いないと思います。また利益をきちんと出すビジネスモデルを知ることは、転職する人にとっても活かされるスキルとなりますので、貴重なスキルを学べると言えます。

WILLFU(ウィルフ)のデメリット

・東京へ通える範囲でないと難しい

無料説明会や体験授業はオンラインで受けることができますが、実際にWILLFU STARTUP ACADEMY(ウィルフ スタートアップ アカデミー)で起業に関する知識を学ぼうとすると、東京の校舎へ通う必要があります。

誰でもできることではありませんので、よく吟味して決断するようにしましょう。イメージがつかめない人は、まずは無料説明会&体験授業を受けるのがおすすめです。

・授業料がかかる

WILLFU(ウィルフ)はビジネススクールであるため、授業料はかかります。詳しい値段も非公開でありますが、厳選されたカリキュラムを教える講師がいらっしゃるので当然かと思います。有名企業からの支援があるので、一般的なビジネススクールよりも安く設定されているようですが、気になる方は無料説明会&体験授業で質問することをおすすめします。

・やる気がないと続かない

社会人起業がめずらしくなくなってきた昨今で起業に憧れる人も多いですが、実際に運営をし従業員に給与を支払っていく環境に身をおくというのは、学問のように知識力だけで会得できるものではなく、継続する力や行動力なども求められます。起業を実際にしようと考えている方は、心構えも含めて、講師に質問すると教えてくれると思います。

WILLFU(ウィルフ)の無料説明会&体験授業受講方法

・WILLFU(ウィルフ)の無料説明会&体験授業について

WILLFU(ウィルフ)は起業を考えている社会人に対して、起業に必要な経営スキルや様々なケースでのビジネスモデル、事業プランを実行させることを目的としています。日時は決められていますが、数多くの日程で無料説明会&体験授業を受けることができます。しかもオンラインで受けられるため、起業を考えている社会人の方はぜひ体験してみましょう。

気になる方はお気軽に無料説明会&体験授業することをおすすめします。

働きながら始める「起業の学校」WILLFU 社会人講座はこちら

まとめ

WILLFU(ウィルフ)の一番のいいところは、6ヶ月の間に3つの事業を実践的に立ち上げ、事業戦略を考えることで起業に必要な経営スキルを学べるため、社会人が起業を考えている人にとっておすすめのプラットフォームです!ビジネススクールに通うことで、転職などにも役立てるということで、こういったスクールも普及してきています。

興味がある方はぜひ参考にしてください。

最後まで、愛読いただき本当にありがとうございます。今後も皆さんにとって、 有益な情報を定期的に提供していきたいと思いますので、引き続きご覧ください。

コメントを残す